富士通、道路パトロール支援サービスを提供…スマホを積んで走行するだけで道路の凹凸情報を収集

自動車 テクノロジー 安全

FUJITSU Intelligent Society Solution 道路パトロール支援サービス
  • FUJITSU Intelligent Society Solution 道路パトロール支援サービス
  • FUJITSU Intelligent Society Solution 道路パトロール支援サービス
富士通は、スマートフォンを利用して、道路の点検、パトロールを支援するクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution 道路パトロール支援サービス」を6月25日より提供開始する。

同サービスは、スマートフォンを自動車に積んで走行するだけで、内蔵している加速度センサーにより、自動的に道路の凹凸情報を収集。地図情報と組み合わせることで舗装状態を簡易診断できる、自治体など道路管理者向けのサービス。

また、走行中に障害物や舗装の損傷などの異常を発見した際、作業者が現場の写真を撮影し、作業コメントと合わせて入力できるため、報告書の容易な作成も支援する。

利用料は月額10万円から。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集