エプソン、車載向けUSBハブコントローラーICの新製品を出荷開始…実装面積を4割低減

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

エプソン・USBハブコントローラーIC「S2R72A4シリーズ」
  • エプソン・USBハブコントローラーIC「S2R72A4シリーズ」
セイコーエプソンは6月25日、動作温度範囲-40度~105度を実現する車載向けUSBハブコントローラーIC「S2R72A4シリーズ」のラインアップに、QFN48ピン小型パッケージを追加し、サンプル出荷を開始した。

2009年に発売した、エプソンの車載向けUSBハブコントローラーIC「S2R72A4シリーズ」は、車載品質を確保しながら、5m以上の長いUSBケーブルでも安定した通信を実現。長いUSBケーブルを利用して車内フロント部のカーナビゲーションなどと、リア部のモニターや音響機器などを接続し、安定通信できる点が高く評価され、多くの車載機器メーカーが採用している。

近年、車載システムの電子化により総電子部品数が増える中、各電子基板上の実装面積や高さを抑える必要性が高まっている。今回エプソンが商品化したQFN48ピン小型パッケージは、「S2R72A4シリーズ」のQFP48ピン小型パッケージと比較して、実装面積は約40%小型化し、高さも約40%低減化しているため、車載機器の実装エリア削減に大きく貢献する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集