エプソン、HUD向けコントローラICの量産開始 フロントガラス曲面による画像の歪みを補正

セイコーエプソンは、同社初となるヘッドアップディスプレイ専用コントローラIC「S2D13V40」を開発、量産を開始した。月産10万個の予定で、サンプル価格(税別)は1000円。

ヘッドアップディスプレイは、少ない視点移動で必要な表示を視認できることから、安全性の向上・疲労の軽減を目的に搭載する自動車が近年増加。今後もさらなる需要の拡大が見込まれている。その一方、システムコストや、開発工数などが課題となっている。

新製品は最高105度の動作温度ならびにAEC-Q100規格に対応したヘッドアップディスプレイ専用コントローラIC。SoCからストリーミングされる画像データに対し、外付けメモリ無しに自動車のフロントガラス曲面に合わせた歪みの補正を行って投映することができ、スピーディなヘッドアップディスプレイシステム開発が可能となる。さらに、表示安全機能を備え、より信頼性の高いディスプレイシステム構築をサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース