【ホンダ アコード 新型発表】伊東社長「時代の流れのかなり先端にまた行った」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ 伊東孝紳社長
  • ホンダ 伊東孝紳社長
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
ホンダの伊東孝紳社長は6月20日に発表した新型『アコード ハイブリッド』について「燃費性能と動力性能の両方を合わせ持ったところが一番の自慢」とした上で、「時代の流れのかなり先端にまた行った」と述べた。

伊東社長は「全体市場がシュリンクしていく中で、セダンは確固たる地位を築いているゾーン。我々としてはセダンが一時、商品量が少ない時代があった。やはり我々としても日本の中でもっともっと大きな商売したいとなると、このセダンで安定したお客様のゾーンというものに対して、新商品を提案して、お客様を拡大する必要がある」と説明した。

一方、ハイブリッドカーでトヨタに国内外で先行を許していることについては「(トヨタ)追撃というか、(ハイブリッドの進化は)時代の流れ。我々としてはその時代の流れのかなり先端にまた行ったということで、我々としては気持ちよく仕事をさせて頂けると思っている」と語った。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集