【ホンダ アコード 新型発表】伊東社長「海外で十分通用するハイブリッドシステム」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 伊東孝紳社長
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
  • ホンダ 新型アコード 発表会
ホンダの伊東孝紳社長は6月20日に発表した新型『アコード ハイブリッド』について、「長い距離、またはスピードが速いところでも性能が発揮しやすいシステムにしているので、その技術要素としては海外で十分通用する」と強調した。

伊東社長は同日都内で開いた発表会で「車の進化というのは小さい、大きいにかからずモーターがだんだん入ってきて燃費を大きく上げていく流れになっている。だから我々は小さい車用、大きい車用、真ん中の車用ということで(ハイブリッドシステムの)開発を並行して進めていく。車は全部がそういうハイブリッドで大きな革新時代に入ってくると思っている」との考えを披露。

その一方で「海外でまだまだハイブリッドの認知度は低いというのは正直なところ」としながらも、「今回提供するハイブリッドシステムは海外での長い距離、またはスピードが速いところでも性能が発揮しやすいようにしているので、海外で十分通用する大きな効果が得られるものだと考えている」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集