ブリエ代表「ロータスは必ず復活する」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ロータス(2013年マレーシアGP)
  • ロータス(2013年マレーシアGP)
  • ロータス(2013年マレーシアGP)
  • ロータス(2013年マレーシアGP)
ロータスのエリック・ブリエ代表は、モナコとカナダでの不振は一時的なことであり、チームがこれからも二つのタイトルをトップレベルで争うと断言する。

この2戦に限定すると、ロータスの獲得ポイントはキミ・ライコネンのモナコ10位とカナダ9位による3ポイント。ロマン・グロージャンはノーポイントだ。この間にコンストラクターズの順位はひとつ下げて4位となったが、一時的な変動に過ぎずロータスの戦闘力が失われたことを意味しないとブリエは強調する。

「ポジションが下がったのは事実だから、ペースまで落とさないためには努力が必要だ。しかし、ロータスには強力なマシンがあり、チームとしての戦闘力も高いのだから、ポディウム争いに復帰できないと悲観するような状況ではない」

「開幕以来のポディウム5回は決してまぐれではない。パッケージとしてコンペティティブだったからここまで来られた。調子の良くないグランプリもあったが、原因はわかっている。今から一段の進歩は必要だが、シルバーストーンからはアップデートも用意しているから、トップチームとのギャップを縮めることは可能だ」

スペインGPを終えた時点でセバスチャン・ベッテル(レッドブル)を4ポイント差で追い上げていたライコネンだったが、モナコ、カナダGPの不振の後、ベッテルとの差は44に拡大し、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)にタイトル2位に割り込まれてしまっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集