【豪V8スーパーカーシリーズ】日産、リック・ケリーが自己ベストを更新

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ニッサン・モータースポーツは、豪ダーウィンにあるヒデンバレー・レースウェイで6月15-16日に開催されたオーストラリアV8スーパーカー選手権で、リック・ケリーが従来のベストリザルトを上回る結果を残したと発表した。

#15ジャック・ダニエルのニッサン・アルティマを駆るケリーは、土曜日に行われた予選で上位10台に入り、その10台で争われるシュートアウト予選に臨んだ。わずか1周のタイムアタックでポールポジションを決めるこのセッションでも、ケリーは好走。決勝スタートに向けて7番グリッドを獲得した。

60kmレースを2回行うというフォーマットで争われた土曜日のレースでは、5位でのフィニッシュを果たした。選手権外として3月に行われたF1オーストラリアグランプリでの併催レースでは、ジェームス・モファットが5位に入っているが、V8スーパーカー選手権レースとしては、ニッサン・アルティマにとって今回が初めてのトップ5入りとなる。

しかし、日曜日のレースは一転、ニッサン・モータースポーツ陣にとって厳しい展開となった。予選でのパフォーマンスが奮わなかったことに加え、モファットの#360ノートン360 ニッサン・アルティマに至っては、多重アクシデントにも巻き込まれ、悔しい一日となった。

この日、ニッサン・モータースポーツ陣営の最上位は、このヒデンバレー・サーキットでの優勝経験を持つカルソの11位だった。ジャック・ダニエルズレーシングのトッド・ケリーは予選でそれぞれ12位、13位と健闘したが、第1レースでの12位が精一杯だった。リック・ケリーは最後のレースでの予選で思うようなパフォーマンスが出せずに苦戦したが、メインレースでは12位に食い込んだ。

オーストラリアV8スーパーカー選手権の次戦は、7月5-7日、クイーンズランド州北部にあるサクロジェン・タウンズビル400で開催される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集