アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開

自動車 ニューモデル 新型車

アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
  • アルファロメオの新型スポーツカー、4C…生産現場を公開
イタリアの自動車大手、フィアット傘下のアルファロメオが2013年3月、ジュネーブモーターショー13でワールドプレミアした新型スポーツカー、『4C』。同車の生産現場が公開された。

アルファロメオ4Cは、小型軽量なミッドシップスポーツカー。排気量1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最大出力240ps、最大トルク35.7kgmを引き出す。車両重量は895kg。トランスミッションは、TCTと呼ばれるデュアルクラッチ。0-100km/h加速は4.5秒で駆け抜け、最高速は250km/hに到達する。

先行発売されるローンチエディションは、世界限定1000台。その販売地域の内訳は、北米に500台、欧州/アフリカ/中東に400台、残る地域に100台。欧州での価格は、6万ユーロ(約765万円)と公表された。

今回、アルファロメオは、4Cの生産現場の画像を公開。4Cはアルファロメオと同じフィアットグループに属するイタリアの高級スポーツカーメーカー、マセラティのモデナ工場で組み立てられる。

公開された画像からは、カーボンファイバー製モノコックに、手作業で各種パーツを組み付けていく様子が見て取れる。なお、生産現場では400か所に及ぶ入念なクオリティチェックを実施。さらに40kmに及ぶ走行テストを受けた上で出荷され、9月から顧客に届けられる予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集