ヤマハ発動機、モトクロッサー YZシリーズ の2014年モデルを発売

モーターサイクル 新型車

ヤマハ・YZ450F
  • ヤマハ・YZ450F
  • ヤマハ・YZ250F
  • ヤマハ・YZ250
  • ヤマハ・YZ125
  • ヤマハ・YZ85
  • ヤマハ・YZ85LW
ヤマハ発動機は、モトクロッサー『YZシリーズ』の2014年モデルを発表。4ストロークモデルの『YZ250F』を10月1日より、『YZ450F』を7月10日より発売する。

2014年モデルのYZ250Fは、YZ450Fと同様の前方ストレート吸気FI・後方排気システムを採用した新開発エンジンを、新設計軽量アルミ製フレームに搭載。また同梱パーツの「Power Tuner」により、好みやコース状況に合わせて燃料噴射量と点火時期を調整することができる。

2014年モデルのYZ450Fは、エンジン細部をブラッシュアップして扱い易さとパワフル感を向上。フレームも新設計とするなど、軽量化とマス集中化によるパフォーマンス向上を果たした。

なお、2ストロークのYZシリーズ(YZ250、YZ125、YZ85LW、YZ85)も、2014年モデルとしてYZ250F/450Fと共通イメージのグラフィックに変更する。

価格はYZ450Fが87万1500円、YZ250Fが72万4500円、YZ250が66万1500円、YZ125が56万7000円、YZ85LWが34万6500円、YZ85が33万6000円。いずれも競技用モデルで、公道走行は不可。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集