【INDYCAR 第9戦】ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ(動画キャプチャ)
  • ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ(動画キャプチャ)
  • ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ(動画キャプチャ)
  • ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ(動画キャプチャ)
  • ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ(動画キャプチャ)
  • ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ(動画キャプチャ)
  • ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップ(動画キャプチャ)
インディカーは6月11日、6月15日にインディカーシリーズ第9戦のミルウォーキー・インディフェストが行われる1マイルの長さを持つオーバルトラック、ミルウォーキー・マイルのバーチャルラップを収録したビデオを公表した。

ミルウォーキー・マイルは世界で最も古いスピードウェイで、それぞれ9度を少し超えるバンク、4つのターンを持つ。

フロントストレッチは1265フィートの長さを持ち、2.5度のバンクで比較的フラットである。ドライバーは第1ターンの入り口で低すぎることを避けるべきである。もし彼等が低すぎると、ベストなルートを探すのにもがくこととなり、勢いを失ってしまう。しかしもしドライバーがそれを正しく実行すると、バックストレッチに向かってとても良い走りができる。このオーバルのバンクは浅い為、壁に向かって車が押されるのに抵抗しなければならない。

バックストレッチもまた1265フィートの長さと2.5度のバンクを持ち、ドライバーはこのトラックのセクションで175マイル/時のスピードに到達する。第3ターンの入り口と合わせて、このストレッチは他の車をパスする良い機会を代表する。そして第3ターンから第4ターンはやはり9度のバンクを持ち、比較的タイトなので、第4ターンの出口では注意が必要である。フロントストレッチでは車のスピードは175マイル/時に到達し、ドライバー達はパスをするのに良い機会を探すこととなる。

総体的にミルウォーキー・マイルは、ドライバーの為のトラックであり、トラックの知識と我慢強さが物を言う。速い車はこのオーバルをたった22秒で1周する。ミルウォーキーのレースで成功するカギは、ターンのアクセスでタイトになるのを避け、予定通りのペースを維持することで、それはドライバーに良いラップスピードを維持させ、フロントとバックストレッチでアドバンテージを得ることができる。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集