【INDYCAR】セルビア、予期せぬプレゼントに感激

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ナショナル・ガードのロドサン・ロドリゴとオリオール・セルビア
  • ナショナル・ガードのロドサン・ロドリゴとオリオール・セルビア
  • オリオール・セルビア
  • オリオール・セルビア
  • オリオール・セルビア
  • オリオール・セルビア
  • オリオール・セルビア
インディカーは6月10日、パンサー・レーシングのオリオール・セルビアが先週末に行われたファイアストーン550レースの後、彼の車のスポンサーであるナショナル・ガードの一員からユニフォームを贈られたことを公表した。

セルビアはテキサス・モーター・スピードウェイでのレースで思ったような結果を出せなかった(19位)が、レースの後に彼を待ち受けていたのは予想外に嬉しいプレゼントだった。

パンサー・レーシングの本拠地のヒーローであるロドサン・ロドリゴが、このスペイン人ドライバーに歩み寄り、感謝の意を述べた。彼はレースの前に行われたサイン会でセルビアの隣に座り、お互いに面識を持っていた。

そして2000年にテキサス・ナショナル・ガードに入隊したロドリゴは、彼のユニフォームの上着をセルビアにプレゼントした。

「この週末のお礼に、あなたにこれを貰って欲しい」とロドリゴは言い、落胆に沈んでいたセルビアの顔は一瞬のうちに驚きの表情に変わった。

「冗談でしょ?本当にこれを僕にくれるの?」とセルビア。ロドリゴはセルビアがこの贈り物を受け取ってくれたら、それ以上の幸せはないと加えた。

「僕はイラクに派遣された時にそれを着て、多くの苦境をくぐり抜けて来た。家に戻る直前に僕達は待ち伏せに会い、僕達の仲間をスナイパーが狙っていた」とロドリゴ。こうした経験を経たロドリゴの謝意に対し、セルビアは「ナショナル・ガードを代表することを誇りに思う」とした。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集