KYBとヤマハ発動機、二輪車用サスペンションの合弁事業を3カ月延期

自動車 ビジネス 企業動向

KYBは、ヤマハ発動機との二輪車用部品を製造する合弁会社の設立を当初予定だった7月1日から10月1日に延期すると発表した。

両社は業務提携して「KYBモーターサイクルサスペンション」を設立することで今年1月に合意した。

合弁会社の設立では、KYBが設立する新会社に二輪車用サスペンション事業を移管し、新会社の株式をヤマハ発動機に売却するというもの。

新会社の設立や株式の譲渡は7月1日付けを計画していたが、10月1日付けに延期する。当局の手続きが長引いている模様。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集