【リコール】三菱ふそう ファイター など5車種9400台…冷却機構に異常、路上故障に至るおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

三菱ふそうトラック・バスは6月11日、中型トラック『ファイター』、大・中型バス『エアロエース』『エアロスター』『エアロミディ』など計5車種のエアコンプレッサに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2010年5月28日~2013年1月31日に製作された9438台。

エアコンプレッサ内の冷却水通路とエア通路の機密性を保つためのシートガスケットに亀裂が発生し、冷却水がエア通路に浸入する。このため、冷却水が減少してエンジン出力が制限されるほか、エア圧が低下して路上故障に至るおそれがある。

全車両、エアコンプレッサヘッド一式を対策品と交換するなどの改善措置を行う。

不具合発生件数は186件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集