【F1 カナダGP】レース終了直後にマーシャル死亡事故

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

カナダGP(2013年)
  • カナダGP(2013年)
近年安全対策の充実が著しいF1で、コースマーシャルが死亡するという痛ましい事故が発生した。F1における死亡事故としては12年ぶりの惨事だった。犠牲となったコースマーシャルの氏名は公表されていない。

事故はレース終了後にリタイアしたエスティバン・グティエレスのザウバーを撤去中に発生。ホイールクレーンで破損したマシンを搬送中に、ピットレーン出口付近で重機ドライバーからちょうど死角なっている位置で落とした無線機を拾い上げようとした38歳のマーシャルが転んでしまい、そのままクレーン車に轢かれてしまったという。

一旦サーキットのメディカルセンターに運ばれた後、ヘリコプターで市内の総合病院に搬送されたがそこで死亡が確認された。

F1でコースマーシャルが犠牲になる事故は、2001年のオーストラリアGPの事例が最後であり、その死亡事故と前年の一件からクラッシュしたマシンのタイヤが飛び散らないようにタイヤテザーが導入された。コースマーシャルと言えば、全員が無償でコースの安全にあたっている存在。2001年以来、同種の事故が途絶えていただけに、非常に残念である。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集