【F1 カナダGP】予選…雨の予選でベッテルがPP獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2013年 F1 カナダGP
  • 2013年 F1 カナダGP
  • セバスチャン・ベッテル
  • ルイス・ハミルトン
  • 2013年 F1 カナダGP
ウェットコンディションで繰り広げられたカナダGP予選は、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がポールポジションを獲得。メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが2位に食い込み、ウィリアムズのバルテリ・ボッタスが3位で予選通過するというサプライズもあった。

セッションの時間軸と共に降水レベルがひっきりなしに変化。Q3序盤がベストコンディションだったが、以後は悪化する一方だった。

ベッテルは最高の瞬間と捉えて1'25.425をたたき出した。セクター1、2ではタイムを延ばすライバルもあったが、最終セクターの降水は激しく結局チャンピオンのタイムを脅かす者は現れなかった。ハミルトンはその後も全身全霊の力を振り絞ってタイムアタックを続けたが、最終トライのシケインでは激しいスライドを喫して、タイムはわずか0.087秒及ばなかった。

カナダ予選のスターはバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)だろう。今年、ウィリアムズは一度もQ3に進出していないが、モントリオールの地でボッタスが見せたドライブは目覚ましかった。

最近の3戦で予選を制覇してきたニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)だったがボッタスの気迫には及ばず4位に落ち着いた。金曜日フリー走行の流れを制したフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)も、6位と振るわなかった。5位に割って入ったのはマーク・ウェーバー(レッドブル)だ。

尚、キミ・ライコネン(ロータス)とダニエル・リチャルド(トーロロッソ)が予選中の行為に対するペナルティを受けてグリッドダウンの処分を受けた。

1. ベッテル(レッドブル) 1'25.425
2. ハミルトン(メルセデスAMG) 1'25.512
3. ボッタス(ウィリアムズ) 1'25.897
4. ロズベルグ(メルセデスAMG) 1'26.008
5. ウェーバー(レッドブル) 1'26.208
6. アロンソ(フェラーリ) 1'26.504
7. ベルニュ(トーロロッソ) 1'26.543
8. スーティル(フォースインディア) 1'27.348
9. ライコネン(ロータス) 1'27.432 (グリッドダウン)
10. リチャルド(トーロロッソ) 1'27.946 (グリッドダウン)

Q2落ち
11. ヒュルケンベルク(ザウバー) 1'29.435
12. ペレス(マクラーレン) 1'29.761
13. マルドナド(ウィリアムズ) 1'29.917
14. バトン(マクラーレン) 1'30.068
15. グティエレス(ザウバー) 1'30.315
16. マッサ(フェラーリ) 1'30.354

Q1落ち
17. ディレスタ(フォースインディア) 1'24.908
18. ピック(ケータハム) 1'25.626
19. グロージャン(ロータス) 1'25.716
20. ビアンキ(マルシャ) 1'26.508
21. チルトン(マルシャ) 1'27.062
22. ヴァンデルガルデ(ケータハム) 1'27.110

107%タイム: 1'28.080
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集