グリーンエンジン2013はフィアットの2気筒、ツインエア…天然ガス仕様に栄冠

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型フィアット・パンダ
  • 新型フィアット・パンダ
  • フィアット500の派生車種として登場した小型MPV、フィアット500L
英国のUKIPメディア&イベント社は6月5日、「グリーンエンジンオブザイヤー2013」を発表した。フィアットの2気筒エンジン、「ツインエア」のCNG(天然ガス)仕様が、初めて選ばれている。

エンジンオブザイヤーはクルマの心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、今年が15回目。5月時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている乗用車のエンジンを対象に、世界84名のジャーナリストが投票を実施。グリーンエンジンオブザイヤーはその部門賞で、環境性能に重点を置いて選考が行われた。

グリーンエンジンオブザイヤー2013の結果は以下の通り。

1:フィアットの875cc 2気筒ターボ「ツインエア」のCNG(184点)…フィアット・パンダ/500Lなど
2:GMの1.4リットル直4ターボ+モーター(181点)…シボレー・ボルト/オペル・アンペラ
3:テスラのEVパワートレーン(139点)…モデルS
4:フォードの1.0リットル直3ターボ「エコブースト」(137点)…フィエスタなど
5:マツダの2.2リットル直4ターボディーゼル(126点)…アテンザ、CX-5など
6:トヨタの1.8リットル直4+モーター(94点)…プリウスPHV

フィアットの2気筒エンジン、「ツインエア」のCNG(天然ガス)仕様が、初の栄冠。GMのシボレー ボルト/オペル アンペラ用の1.4リットル直4ターボ+モーターの2年連続受賞に、待ったをかけた。

ツインエアのCNG(天然ガス)仕様は最大出力80ps、最大トルク14.3kgmを発生。欧州複合モード燃費32km/リットル、CO2排出量86g/kmの高い環境性能と、わずか10ユーロ(約1280円)で340km走行できる天然ガスのコストの安さが高い評価を集め、受賞につながった。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集