【三菱 eK 新型発売】軽の枠を超える上質感をデザインで表現

自動車 ニューモデル 新型車

三菱 eK スポーツ
  • 三菱 eK スポーツ
  • 三菱 eK ワゴン
  • 三菱 eK スポーツ
  • 三菱 eK スポーツ
  • 三菱 eK スポーツ
  • 三菱 eK スポーツ
三菱自動車から発売された新型『ekワゴン』と『ekカスタム』は、軽の枠を超える上質感をデザインで表現しているという。

三菱自動車商品戦略事業化統括部門プロダクトエグゼクティブの秋田義雄氏は、「サイドにある特徴的な3本のキャラクターラインを“トリプルアロウズライン”と名付け、流れるようなルーフラインと共に、伸びやかで躍動感のあるデザインを実現しています」。これに加え、「ボディ全体に抑揚を効かせ立体的な造形としたことで、従来の軽の枠を超える上質感を実現しているのです」と話す。

ekワゴンのデザインは、「横方向に広がりのあるグリルとヘッドランプから続くキャラクターラインでワイド感を演出。さらに切れ長のアイラインの中央にきらりと光るヘッドランプや、キャラクターラインに調和したL字型のリアコンビランプ。空気抵抗の低減も配慮したフロントバンパーなど細部にもこだわることで、品質感を向上させています」と述べる。

ekカスタムは、「厚みを増したフロントマスクでたくましさと存在感を表現。メッキグリルやHIDヘッドランプ、クリアレンズを採用したリアコンビランプ、リアスポイラーなどカスタムらしさを細部まで追求したデザインとなっています」と説明した。

インテリアは、「柔らかな造形で開放感と包まれ感を表現しました。上質なピアノブラック調のセンターパネルを配し、軽初の先進的で操作性に優れるタッチパネル式オートエアコンを採用。長時間の運転でも疲れにくいサポート性に優れたフロントシートと、ソファのような座り心地のリアシートにより、快適な居住空間としています」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集