【INDYCAR 第7戦】デトロイト2日目、トップ3の談話

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

サイモン・パジェノ(動画キャプチャ)
  • サイモン・パジェノ(動画キャプチャ)
  • サイモン・パジェノ(動画キャプチャ)
  • サイモン・パジェノとマイク・コンウェイ(動画キャプチャ)
  • ジェームズ・ジェイクス(動画キャプチャ)
  • マイク・コンウェイ(動画キャプチャ)
  • マイク・コンウェイとジェームズ・ジェイクス(動画キャプチャ)
インディカーは6月3日、デトロイトのベル・アイル・パーク市街地コースで6月2日に行われた、シボレー・インディデュアル・イン・デトロイト2日目の、トップ3のドライバーのコメントを収録したビデオを公表した。

■サイモン・パジェノ

「何人かの人達は僕に『厳しく行け。戻ってくるな』と言った。それは僕にとって、先へ進むか負けるかのどちらかだった。レースがスタートすると同時に、良い車を持っていることはわかっていた。勝つのに十分な車だった。昨日は車にとってとてもタフな1日だった。それはとてもスイートなフィーリングだ。僕はここに来るまで懸命に働き続けた。そして『やった!』という感じで感情的になった。チーム全体がそれを達成して、ホンダは僕の最初のインディカーの勝利の大きな部分だった」

「これは子供の頃の夢が実現したのも同然だ。いつもプロのレースカードライバーになりたかったし、ここで勝てたことは特別だ。自分の周りにいる全ての人達にありがとうと言いたい。僕を支えてくれた友達やスポンサーのhpやホンダ、スタッフなくして、今度のことはあり得なかった。僕を信じてくれてありがとう」

■ジェームズ・ジェイクス

「それはタフだった。最初は僕達の思ったように行かなかったが我慢をして、レースの中盤に懸命にプッシュして皆を抜く事ができた。良い仕事をした皆に礼を言いたい。レースの終盤で少しもがいたが、僕達はギャップを埋めるのに十分なペースを持っていたので、レイホールの皆にありがとうと言いたい。タフな週末だったが、2番手と3番手からレースをスタートできたのは大きかった」

■マイク・コンウェイ

「ハードだったのは、均等にドライブすることだった。最初にプッシュし過ぎてタイヤを痛めたかも知れないが、終盤に向かってそれはまだ良い状態だった。ジェームズを捉えようとしたが、彼がレッドタイヤ(ソフト・コンパウンド)を使っているのを見ることができた。レースの最後には彼を抜けると感じて1回残っていた、オーバーテイクボタンを使ったが、1ラップ早過ぎたかも知れない。あれ以上は何もできなかった。最大の努力でのプッシュを維持するが、特にリスタートではリラックスする時間もなく、ペースカーの後ろを走るのはハードだった。しかしアドレナリンが湧いて良い感じだった。今夜はきっと良く休めるだろう」

動画: http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6uPIRR0e9yw
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集