【人とくるまのテクノロジー13】アイシンAW、30kg軽量化したクラウンHV向けトランスミッション

自動車 ビジネス 企業動向
クラウンHV向けトランスミッション(HR-20)
  • クラウンHV向けトランスミッション(HR-20)
  • アイシンAW NAVIelite
  • Blu-ray再生機能付きカーナビゲーション
  • クラウンHV向けトランスミッション(HR-20)
  • クラウンHV向けトランスミッション(HR-20)
  • 人とくるまのテクノロジー展 アイシンAWブース
アイシン精機やアイシンAWなどを含むアイシングループ5社は、「人とくるまのテクノロジー展」で「自動車の燃費向上」をテーマに各種の製品を出展した。

アイシンAWでは、昨年夏に発売したディーラーオプション向け8インチのBlu-rayプレイヤー一体型再生機能付きナビゲーションやスマートフォン向けナビアプリの『NAVIelite』をメインに展示。広報グループの安藤緋沙子氏は、「今後、ECUなど車両側からの情報をナビなどの地図情報を活用して協調制御する技術はより重要性が増してくる。当社はトランスミッションからナビゲーションまで車両の頭脳と駆動部分を担っているので、この分野での存在感をより増していきたい」とコメント。

またATでは『クラウン ハイブリッド』向けの2.5リットル・直4ユニット専用の縦置きトランスミッション(「HR-20」)など展示。レクサス『IS 300h』に採用されているものも基本的な構造は同一だ。

説明員によると、「旧型クラウンハイブリッドに搭載されていたV6用のハイブリッドトランスミッションはダブルリダクション機構を組み合わせたレイアウトだったが、新型クラウンではモーターリダクションギアを1段としてコンパクトにし、電動オイルポンプを省略することで31kgの軽量化を実現した」とのこと。

またモーターの冷却については、「エンジン停止時にメカオイルポンプを駆動するが、それだけだとEV走行中の潤滑冷却ができない。アウトプット回転に連動してメカオイルポンプが回るような駆動切り替え機構を採用し、エンジンとアウトプットの速いほうで回転させられるようにワンウェイクラッチが付いている」という。

また冷却方法にも工夫が凝らされており、モーターの内周側からもオイルを注ぐことで遠心力で全体に潤滑油が行き渡る機構を新たに採用した。

前出の説明員は「HVトランスミッションの技術はだいぶ成熟してきた」というが、「今いちばん苦労するのは音」だという。特にエンジンが止まっている状態ではモーター特有の高周波ノイズが耳に付くため、リングギアの支持精度を高めることでノイズの発生を抑えこんでいるそうだ。

《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集