JR北海道、ピーチ版に続きエアアジア版の「道東フリーパス」も発売…LCCとの連携強める

JR北海道と格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパンは5月28日、エアアジアの成田(東京)~札幌(新千歳)線または名古屋(中部)~札幌(新千歳)線の利用者のみ購入できるフリー切符「エアアジア道東フリーパス」を6月1日から発売すると発表した。

鉄道 企業動向
石北本線の北見駅。「エアアジア道東フリーパス」は道東地区のJR線を中心に5日間自由に乗り降りできる。
  • 石北本線の北見駅。「エアアジア道東フリーパス」は道東地区のJR線を中心に5日間自由に乗り降りできる。
  • 「エアアジア道東フリーパス」の自由乗降区間は「Peach道東フリーパス」と同じ。設定期間や発売額も違いはない。
JR北海道と格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパンは5月28日、エアアジアの成田(東京)~札幌(新千歳)線または名古屋(中部)~札幌(新千歳)線の利用者のみ購入できるフリー切符「エアアジア道東フリーパス」を6月1日から発売すると発表した。

JR北海道はピーチ・アビエーションとの連携による「Peach道東フリーパス」の発売を既に発表しているが、エアアジア版の「道東フリーパス」も発売することにした。JR北海道とLCCの連携がさらに進んだ格好となっている。

切符の発売方法や効力、設定期間、有効期間、発売額などは「Peach道東フリーパス」と同じ。新千歳空港駅のみどりの窓口で、搭乗日当日にエアアジアの搭乗券を提示すると購入できる。発売額は大人1万5000円、子供7500円。

自由乗降区間は函館本線小樽~旭川間と千歳線白石~南千歳~新千歳空港間、石勝線、室蘭本線追分~岩見沢間、富良野線、根室本線、宗谷本線旭川~新旭川間、石北本線、釧網本線。特急・急行・快速・普通列車の普通車自由席が5日間利用できる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集