ヒュンダイの2014年WRC マシン、i20…最新版がシェイクダウンテスト完了

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ヒュンダイ i20 WRC のシェイクダウンテスト
  • ヒュンダイ i20 WRC のシェイクダウンテスト
  • ヒュンダイ i20 WRC のシェイクダウンテスト
  • ヒュンダイ i20 WRC のシェイクダウンテスト
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の欧州法人、ヒュンダイモーターヨーロッパは3月27日、『i20 WRC』のシェイクダウンテストを完了したと発表した。

ヒュンダイは2012年9月、パリモーターショー12において、WRC(世界ラリー選手権)への参戦を発表。その後、2013年3月、ジュネーブモーターショー13でi20 WRCの最新バージョンを初公開。2014年シーズンからのWRC参戦に向けて、準備を進めている。

i20 WRCは、ヒュンダイの欧州向けの主力コンパクトカー、『i20』をベースに開発されたWRCマシン。搭載エンジンは1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ。最新バージョンでは、初期のプロトタイプ車と比較して、エアロダイナミクス性能やシャシー、サスペンション、冷却性能などが引き上げられた。

今回、ヒュンダイは、最新版のi20 WRCのシェイクダウンテストをドイツで実施。3日間、トータル550kmを走行し、無事にこのシェイクダウンテストを完了した。今後も2014年の実戦デビューに向けて、精力的にテストを続ける計画。

ヒュンダイは1998年、WRCのF2クラスに初参戦。2シーズンを戦った後、2000年に『アクセント』でWRCの最高峰へステップアップした。しかし、期待された結果を残せず、2003年をもってWRCから撤退。ヒュンダイのWRC復帰は、約10年ぶりとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • WRC、フォルクスワーゲンが3台目の ポロ Rをデビュー 画像 WRC、フォルクスワーゲンが3台目の ポロ Rをデビュー
  • VW ポロR WRC 、公道走行仕様の「ストリート」設定…220psターボ搭載 画像 VW ポロR WRC 、公道走行仕様の「ストリート」設定…220psターボ搭載
  • WRC、2103年度WRCシーズン第5戦までのハイライト[動画] 画像 WRC、2103年度WRCシーズン第5戦までのハイライト[動画]
  • 【WRC 第5戦】ローブ、アルゼンチンでの8勝目を飾る[写真蔵] 画像 【WRC 第5戦】ローブ、アルゼンチンでの8勝目を飾る[写真蔵]

特集