【メルセデスベンツ GLクラス 発売】ミニバンでは表現できない個性

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ・GL 63 AMG
  • メルセデスベンツ・GL 63 AMG
  • メルセデスベンツ・GL 63 AMG
  • メルセデスベンツ・GL 63 AMG
  • メルセデスベンツ・GL 63 AMG
  • メルセデスベンツ・GL 63 AMG
  • メルセデスベンツ・GL 63 AMG
メルセデスベンツ『GLクラス』がフルモデルチェンジし2代目となった。これまでのユーザー層を振り返ると、他のクルマとの併有率が7割以上だという。

メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部アシスタント・マネージャーの古川麻樹氏はユーザーに関して、「(GLクラスは初代ということもあり)他のメルセデスベンツ、『Sクラス』や『Eクラス』からの乗り換えは多いものの、併有のケースが非常に多く、これ1台というオーナーは少ない傾向です」と話す。具体的には、Sクラスの様なサルーンやスーパースポーツカーとの併有や、3台以上の併有率がかなり高いと述べる。

併有率が高い理由として、古川氏は仮説としながらも、「仕事も含めてロケーションに応じて、サルーンで行く場合とGLで行く場合とで使い分けていると思いいます。また、3から4台保有するうちの1台は7人乗れるクルマとして選ばれるのでは」とし、「GLクラスは、ミニバンでは表現できない、存在感や、スポーティネスがあり、パフォーマンスも高く、さらに7人乗れるという強みがありますから」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集