ホンダNSX 新型、米オハイオ工場で2015年から生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダの高級車ブランド、アキュラは5月14日、新型『NSX』の生産を米国オハイオ工場で行うことを決定したと発表した。

すでにホンダは、新型NSXの生産を米国で行うことを公表済み。今回、その生産拠点が、オハイオ工場になることがアナウンスされている。

オハイオ工場はホンダの米国主力工場のひとつだが、ホンダは新型NSXの生産準備として、同工場に7000万ドル(約70億円)を投資。「パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター」と呼ばれるNSXの専用組み立て工場を建設する。

パフォーマンス・マニュファクチャリング・センターは、新型NSXの開発を主導するホンダR&Dアメリカから、数マイルの距離に立地。ホンダエンジニアリングノースアメリカからも近い。

なお、パフォーマンス・マニュファクチャリング・センターでは、およそ100名のスキルの高い従業員を既存のオハイオ工場から召集。2015年から、新型NSXの組み立てを開始する計画。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集