【ニューヨークモーターショー13】ジャガー XKR‐S に世界限定30台のGT…頂点のさらに上へ

自動車 ニューモデル モーターショー
ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT(ニューヨークモーターショー13)
  • ジャガー XKR‐S GT
米国で3月27日に開幕したニューヨークモーターショー13。英国の高級車メーカー、ジャガーカーズのブースでは、ジャガー『XKR‐S GT』がワールドプレミアを飾った。

このXKR‐S GT、ジャガーのフラッグシップクーペ&コンバーチブルの『XK』シリーズの頂点に立つ『XKR‐S』をベースに、さらなる高性能化を追求した「頂点のさらに上」を行くモデル。ジャガー社内のETO(エンジニアド・トゥ・オーダー)と呼ばれる特別モデル開発チームが手がけた、サーキット走行を視野に入れた高性能モデルである。

XKR‐Sに対して、エアロダイナミクス性能を向上。フロントのカーボンファイバー製リップスポイラーをはじめ、大型リアウィング、ディフューザー、カナード、ホイールアーチスパッツなどを追加した。ジャガーカーズによると、XKR‐S GTは高速走行時に、最大で145kgのダウンフォースを生むという。

足回りは、サスペンションを新開発。これは、新型スポーツカーの『Fタイプ』のノウハウを反映させたもので、新しいステアリングシステムの採用やステアリングレシオのクイック化、フロントトレッドの拡大、キャンバー角やブッシュの変更などが図られた。

ダンパーは、車高や減衰力の調整が可能。ブレーキは、ジャガーの量産車初のカーボンセラミックとした。アルミホイールは20インチの専用デザイン。フロント255/35、リア305/30サイズのピレリ製コルサタイヤを履く。

搭載エンジンは、XKR‐S 譲りの5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャー。最大出力は550ps、最大トルクは69.3kgmを引き出す。トランスミッションは6速AT。XKR‐S GTは0‐96km/h加速3.9秒、最高速300km/h(リミッター作動)という優れたパフォーマンスを実現する。

ジャガーXKR‐S GTは、世界限定30台という希少車。ジャガーカーズのグローバルブランドディレクター、エイドリアン・ホールマーク氏は、「レーシングカーの技術を投入したXKR‐S GTは、公道でもサーキットでも、痛快な走りを可能にする」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集