【ニューヨークモーターショー13】メルセデス の小型4ドアクーペ CLA にCLA 45 AMG…量産4気筒最強の360ps

自動車 ニューモデル モーターショー
メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG(ニューヨークモーターショー13)
  • メルセデスベンツ CLA 45 AMG
3月27日、米国で開幕したニューヨークモーターショー13。メルセデスベンツ・ブースの主役は、『CLA45 AMG』が務めた。

CLA45 AMGは、新型『Aクラス』派生の4ドアクーペとして、1月のデトロイトモーターショー13のプレビューイベントで初公開されたばかりの新型車、『CLA』の頂点に立つ高性能グレード。新型Aクラスベースの『A45 AMG』と同じパワートレインを積む。

排気量1991ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンには、ツインスクロールターボチャージャーをはじめ、専用エグゾーストシステム、『SLS AMG』と同じ冷却システムの採用など、AMGが数々のチューニングを実施。その結果、最大出力360ps/6000rpm、最大トルク45.9kgm/2250-5000rpmという、排気量2.0リットルクラス随一のスペックを獲得した。

駆動方式はA45 AMG同様、メルセデスベンツの4WD、「4マチック」の最新バージョン。新世代の4マチックは、7速デュアルクラッチの「7G-DCT」と一体設計され、リアアクスルにレイアウト。路面や走行条件に応じて、前後間で最適な駆動トルクを分配する。この4マチックも、AMG車用にパフォーマンス重視のチューニングを受けている。

CLA45 AMGは、0-100km/h加速4.6秒、最高速250km/h(リミッター作動)の実力。それでいて、欧州複合モード燃費は14.5km/リットル、CO2排出量は161g/kmと、環境性能も良好なレベルだ。排出ガス性能は、ユーロ6を満たす。

メルセデスベンツは、「量産の4気筒ターボエンジンとしては、世界で最もパワフル」と胸を張る。CLA45 AMGは、欧州では9月に発売。ドイツ本国でのベース価格は、5万6078ユーロ(約670万円)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集