【ソウルモーターショー13】韓国サンヨン、LIV‐1 初公開…大型高級SUV市場へ参入を示唆

自動車 ニューモデル モーターショー
サンヨン LIV‐1
  • サンヨン LIV‐1
  • サンヨン LIV‐1
  • サンヨン LIV‐1
韓国のサンヨン(双竜)自動車は3月28日、韓国で開幕したソウルモーターショー13において、コンセプトカーの『LIV‐1』を初公開した。

サンヨンLIV‐1は、大型プレミアムSUVの提案。車名の「LIV」とは、リミットレス・インターフェイス・ビークルを意味している。サンヨンの最新デザイン言語、「強健な美学」が盛り込まれた力強いデザインが特徴。

同社は将来的に、中/大型クラスの市販SUVを開発する計画。この計画を反映したコンセプトカーの1台が、LIV‐1となる。LIV‐1は全面ガラスルーフが、開放的な室内空間を演出している。

また、サンヨンは3月5日、スイス・ジュネーブモーターショー13において、コンセプトカーの『SIV‐1』をワールドプレミアしたばかり。こちらは中型サイズの高級クロスオーバー車の提案で、ボディサイズは全長4500×全幅1880×全高1640mm、ホイールベース2700mmだった。LIV‐1は、これよりもひと回り大きい。

もともと1954年、商用メーカーとして創業後、1986年に双竜グループに買収。その後、韓国の大宇、中国の上海汽車と目まぐるしく親会社が変わった後、2009年1月に経営破綻。2010年、インドのマヒンドラ&マヒンドラ社の傘下に入り、再出発したのがサンヨン自動車。
《森脇稔》
【画像】【ソウルモーターショー13】韓国サンヨン、LIV‐1 初公開…大型高級SUV市場へ参入を示唆(3枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース