【東京モーターサイクルショー13】ホンダ ZOOMER-X …ZOOMERの110ccモデルが夏登場へ

モーターサイクル 新型車
ホンダ ZOOMER-X(東京モーターサイクルショー13)
  • ホンダ ZOOMER-X(東京モーターサイクルショー13)
  • ホンダ ZOOMER-X(東京モーターサイクルショー13)
  • ホンダ ZOOMER-X(東京モーターサイクルショー13)
  • ホンダ ZOOMER-X(東京モーターサイクルショー13)
  • ホンダ ZOOMER-X(東京モーターサイクルショー13)
  • ホンダ ZOOMER-X(東京モーターサイクルショー13)
3月22日、開幕した東京モーターサイクルショー2013。ホンダブースには個性的なスタイルのスクーター『ZOOMER』に、110ccエンジンを搭載した『ZOOMER-X』が参考出品された。

「ZOOMER」は、パイプフレームむき出しの個性的スタイルが特徴の50ccスクーターで、2001年の発売から現在も販売中のモデル。今回展示されたZOOMER-Xは、110ccのエンジンを搭載し、ZOOMERのコンセプトを継承しつつデザインは進化が図られた。

今回、ホンダブースでは125ccクラスのモデルが多く出品されていたが、同社担当者は「小型二輪免許の保有数は原付に比べると少ないのですが、50ccですと30km/h規制などもありますので、セカンドバイクとして原付2種を好まれる方が多くなってきています」と明かした。

ZOOMER-Xは、夏頃までに発売予定としている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集