【ジュネーブモーターショー13】フランスからEVスポーツ、フューティブ- eGT…0-100km/h加速3.5秒

自動車 ニューモデル モーターショー

エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
  • エクサゴン フューティブ- eGT(ジュネーブモーターショー13)
フランスに本拠を置くエクサゴンモータースは3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13において、スポーツカー、『フューティブ- eGT』の詳細を明らかにした。

フューティブ- eGTは、EVおよびプラグインハイブリッド(PHV)のスポーツカー。2010年秋のパリモーターショー10で初公開された。今回のジュネーブモーターショー13では、年内の同車の発売に向けて、詳細を公表している。

パワートレインの核となるのは、2個のモーター。最大出力は402ps、最大トルクは52.6kgmを発生する。フューティブ- eGTは、基本的にはこのパワフルなモーターで走行するEV。0-100km/h加速3.5秒、最高速250km/h(リミッター作動)の実力だ。

二次電池は、蓄電容量53kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大310kmを走行できる。

さらに航続距離を伸ばしたい顧客のために、レンジエクステンダーと呼ばれるプラグインハイブリッドシステムを用意。バッテリー残量が少なくなると、発電専用のガソリンエンジンが始動。バッテリーを充電すると同時に、ジェネレーターを回して、モーターへ電力を供給する。これにより、航続距離は730km以上へと伸びる仕組みだ。

またフューティブ- eGTは、軽量なカーボンファイバー製ボディを採用。ボディ単体重量は、わずか124kgと軽量に仕上げられる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集