【ジュネーブモーターショー13】アルファロメオ グロリア…可能性を秘めた無駄のないスタイル[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
  • アルファロメオのコンセプトカー、グロリア(ジュネーブモーターショー13)
アルファロメオはコンセプトカーの『グロリア』を公開した。

グロリアは、アルファロメオとIED(ヨーロッパデザイン学院)が共同製作したコンセプトカー。IEDは欧州有数のデザイン専門学校。総学生数は800人以上で有能なデザイナーを多方面に輩出している。

グロリアは、アルファロメオの未来のサルーンを提案したコンセプトカーで、米国とアジアの顧客をターゲットとする。

ボディサイズは全長4700×全幅1920×全高1320mm、ホイールベース2900mm。

小型スポーツの『4C』が今のコンセプトの結集とすれば、グロリアは未来のコンセプト。製作サイドも車両も、成長の可能性を多分に秘めている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集