豊橋鉄道渥美線、「カラフルトレイン」を運転…「渥美半島の花」がテーマ

鉄道 エンタメ・イベント
ナノハナをテーマにした1807号のデザイン。
  • ナノハナをテーマにした1807号のデザイン。
  • 三河田原駅に停車中の1800系1809号(モ1809+モ1859+ク2809)。サクラをテーマにした装飾が施される予定。
愛知県の豊橋鉄道は、渥美半島の新豊橋~三河田原間18.0kmを結ぶ渥美線で「カラフルトレイン」を運転する。渥美半島観光ビューローが主催する「渥美半島 菜の花まつり」の開催にあわせ、「渥美半島の花」をテーマにした装飾を同線の車両に施す。

渥美線の列車は、もと東京急行電鉄(東急)7200系の1800系30両(3両編成10本)で運転されており、全ての編成にカラフルトレインの装飾が施される。テーマの花は編成ごとに異なり、1801号=バラ、1802号=ハマボウ、1803号=ツツジ、1804号=ヒマワリ、1805号=ショウブ、1806号=シデコブシ、1807号=ナノハナ、1808号=ツバキ、1809号=サクラ、1810号=キクとなる。車体前面下部や乗降ドアを中心に、テーマとなる花のイメージに合わせたラッピングが施され、先頭部にはヘッドマークが取り付けられる。

1月12日からナノハナの装飾を施した1807号が運転を開始。続いてシデコブシをテーマにした1806号が2月1日から運転を開始している。今後は各花の開花時期に合わせ、1か月に1~2編成ずつ装飾が施され、今秋をめどに全ての編成がカラフルトレインとなる予定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • インクリメントP、MapFan Webで愛知県・渥美半島ドライブコース特集 画像 インクリメントP、MapFan Webで愛知県・渥美半島ドライブコース特集
  • アポロカッターで矩形断面トンネル…東急東横線の地下化 画像 アポロカッターで矩形断面トンネル…東急東横線の地下化
  • 東急グループ、PASMOを使った新しい広告の実証実験を実施 画像 東急グループ、PASMOを使った新しい広告の実証実験を実施
  • 相鉄・東急直通線 事業説明会を開催 画像 相鉄・東急直通線 事業説明会を開催

特集