【ナノテク13】広島の中小企業、新たなめっきで自動車業界に切り込む

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

広島県福山市の中小企業、柿原工業は「ナノテク13(第12回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」に新たに開発しためっき、3価クロムとプラチナサテンめっきを展示した。そのメッキが自動車分野で徐々に勢力を拡大しているという。

従来までのめっきは6価クロムが主体で、その割合は9割に上る。しかし、寒冷地で使用されている融雪塩への耐食性が著しく劣っていた。「実はロシアのほうからめっきがよく錆びるという話があり、調べたら、6価クロムに原因があったのです。それで錆びないめっきを開発しようとなり、3価クロムに目をつけたわけです。3価クロムは環境にも優しいし、これから広がっていくと思います」と同社関係者は話す。すでに、日産車のドアノブに採用されているそうだ。

一方、プラチナサテンめっきは塗装や成型用フィルムでは真似のできない高級感のあるメタリック調が特徴で、金属の削り出しに近似した“ひんやり”とした手触り感があるという。通常のめっきよりも輝きは少ないが、その分深みがある輝きとなっている。もちろん、3価クロムめっき同様に耐食性に優れている。

「現在、マツダの『CX-5』と『アテンザ』のハンドル部分に使用されていますが、車の販売が好調なので、工場は大忙しの状態です。そのため、新たな注文をいただいても、こなしきれるかどうか心配です」とうれしい悲鳴を上げている。

同社は今回の初出展を機に、新しいめっきの認知度を高め、自動車業界に大々的に売り込んでいく考えだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集