スズキ スイフト、世界累計販売300万台を達成…8年2か月

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ・スイフト
  • スズキ・スイフト
  • スズキ・スイフト(中国仕様)
スズキの小型乗用車『スイフト』が、2004年の発売開始から8年2か月となる2013年1月、世界累計販売300万台を達成した。

スイフトは、スズキが得意とする小型車作りのノウハウと、スタイリッシュなデザイン、スポーティーな走りへのこだわりをこめた世界戦略車として、2004年11月より日本で生産・販売を開始した。翌年、ハンガリー、インド、中国などでも生産・販売され、2012年3月からはタイにおいても生産・販売を開始した。現在では世界120以上の国と地域で販売され、世界累計販売300万台を達成した。

スイフトは、日本においては2006年次と2011年次の「RJCカーオブザイヤー」、「2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞・Most Fun」を、また欧州やインドを初めとした世界の国々でも数多くのカーオブザイヤー賞を獲得するなど、高い評価を得ている。

2010年に行ったフルモデルチェンジでは、伸びやかで安定感を感じさせるデザインを採用。気持ち良い走りに磨きをかけるとともに、環境性能も向上させるなど、新基準コンパクトとしてすべてを進化させた。

なお、世界累計販売300万台のうち、約13%が日本、約45%がインド、約23%が欧州で販売されている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集