2012年のマレーシア人訪日者、59.8%増で過去最高に

エマージング・マーケット 東南アジア

日本政府観光局(JNTO)が発表した昨年の訪日者数統計によると、マレーシアからの訪日者数は前年比59.8%プラスの13万300人となり、過去最高を記録した。対前々年(2010年)比では13.8%増となった。

航空座席供給量の増加、比較的良好な経済状況、訪日旅行プロモーション活動、一般短期滞在数次査証の発給の効果が訪日を後押しした。

マレーシアの他、中国、台湾、タイ、インドネシア、ベトナムが過去最高を記録した。世界全体では836万8,100人となり、前年比では34.6%増加した。東日本大震災と福島第一原子力発電所事故の影響からの回復が見られ、対前々年比では2.8%の減少となり、震災前の水準にほぼ回復した。

一方、昨年の日本人の出国者数は1,849万人となり、前年比で8.8%、前々年比で11.1%のそれぞれ増加となった。これまでの過去最高だった2000年の1,781万人を上回り最高記録を更新した。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集