JR九州、ゴールデンウィーク中に九州新幹線を86本増発

鉄道 企業動向

JR九州は、春季期間中(3月1日~6月30日)に増発・増結列車を運転すると発表した。

利用者が増加するゴールデンウィークを中心に、新幹線の増発や在来線特急列車を増発・増結する。

4月26日から5月6日までのゴールデンウィーク期間中、九州新幹線「みずほ」(新大阪~鹿児島中央)を18本、「さくら」を68本増発する。「さくら」は新大阪~鹿児島中央間が26本、新大阪~熊本間が3本、広島~鹿児島中央間が5本、博多~鹿児島中央間が32本、博多~熊本間が2本。

在来線特急は、ゴールデンウィーク中に308本増発、278本を増結する。内訳は長崎本線の特急「かもめ」を79本増発、216本を増結する。佐世保本線は特急「ハウステンボス」を108本増発、特急「みどり」を30本増発、62本を増結する。日豊本線は特急「ソニック」を51本増発、特急「にちりん」を40本増発する。

また、春休みや連休にも新幹線の増発や在来線特急列車も増発・増結する。4月29日~5月5日までの有田陶器市に合わせて、臨時列車の運転や臨時停車を行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集