【ジャガー XF 試乗記】ダウンサイジングするも“らしい”走りは健在…島崎七生人

試乗記 輸入車

ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
ジャガーといえばダブルシックス(V12気筒)でしょう…と仰る方も、未だ少なくないはず。

ところがダウンサイジングの潮流を受け容れ、今や直4の2リットルターボを搭載している。しかもフラッグシップの『XJ』にまで搭載するというのだから、最初にその報を聞いた際、ちょっとした驚きすらおぼえた。

今回は『XF』で試乗してみた。初期型に対し圧倒的に洗練されたフロントデザインの現行XFは、大勢を占めるドイツ製セダンでは飽き足らない個性を重視するユーザーにはうってつけだ。オプションの20インチアロイホイール、エアロダイナミクスパックを装着する試乗車でさえ、控えめで上品な雰囲気は保たれていた。

気になる“直4の2リットルターボ(240ps/300Nm)”だが、動力性能面で役不足どころか、ジャガーXFというクルマに見事にマッチしたエンジンに思えた。とくに加速時のなめらかなフィールは、キチンとジャガーの世界観を演出しているといえるほど。レンジローバー・イヴォークと共通のユニットのはずだが、チューンや駆動系の差もあり、体感する音や振動の質や量もより少ない。

高速直進安定性の高さ、ワインディング路でのスムースな身のこなし、なめらかな乗り味なども魅力。スイッチONでサンダーバードのように(!)エアコン吹き出し口が開く仕掛けが楽しい室内は、心地よく上質な味わいで包まれている。

なおJC08モード燃費は9.1km/リットル。試乗中、街中/山道/高速走行等を含む数日間の使用で、車載コンピュータの平均燃費の表示は奇しくも同数値を表示していた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集