【ジュネーブモーターショー13】アストンマーチン ラピードに「S」…V12は558psへ強化

自動車 ニューモデル 新型車

アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
  • アストンマーチン ラピード S
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーチンは1月23日、『ラピードS』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開幕するジュネーブモーターショー13で初公開される。

ラピードSは、アストンマーチンの4ドアスポーツ、『ラピード』をベースに、さらなる高性能を追求した新グレード。そのハイライトは、強化されたエンジンだ。

排気量5935ccのV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、吸排気系のチューニングなどにより、最大出力558ps/6750rpmを発生。現行モデルの477psに対して、81ps、率にして17%ものパワーアップを実現する。

また、最大トルクは63.2kgm/5000rpmを獲得。現行モデルの61.2kgmから、2kgmの上乗せだ。とくに低中速域でのトルクが引き上げられており、アイドリング状態で4kgm、2500-4000rpmで5kgmのトルク向上を果たす。

強化されたエンジンを得たラピードSは、0-100km/h加速4.9秒の実力。現行モデルの5.2秒に対して、0.3秒短縮した。最高速は305km/hに到達する。内外装も専用デザインとなっており、新デザインのフロントグリルやトランクスポイラーが目を引く。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集