【デトロイトモーターショー13】シェルビー、フォード フォーカスST をさらに高性能化

自動車 ニューモデル モーターショー

シェルビー フォーカスST(デトロイトモーターショー13)
  • シェルビー フォーカスST(デトロイトモーターショー13)
  • シェルビー フォーカスST(デトロイトモーターショー13)
  • シェルビー フォーカスST(デトロイトモーターショー13)
  • シェルビー フォーカスST(デトロイトモーターショー13)
  • シェルビー フォーカスST(デトロイトモーターショー13)
1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー13。米国のシェルビーアメリカン社のブースでは、新型フォード『フォーカス』の高性能グレード、「ST」のチューニングカーが初公開された。

新型フォーカス STは、最大出力250ps、最大トルク36.7kgmを発生する直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」を搭載。ハンドリング性能は、フォード社内の「チームRS」(欧州)と「SVT」(米国)が共同開発。ドイツのニュルブルクリンクやアウトバーンで、走行テストを繰り返し、スポーティな走行性能が追求された。

フォード『マスタング』のチューニングモデルを手がけることで知られるシェルビーアメリカン社は今回、この新型フォーカスSTを素材に高性能化を追求。これは2012年5月、89歳で死去したシェルビーアメリカン社代表、キャロル・シェルビー氏のアイデアを反映させた遺作ともいえる1台だ。

車名は、シェルビー『フォーカスST』。外観は、ボンネット、グリル、リアスポイラー、アルミホイールなどが専用品に交換され、シェルビーらしい迫力を演出。サスペンションやブレーキは強化され、専用のエグゾーストシステムも装備される。

エンジンのチューニングに関して、シェルビーアメリカン社からのアナウンスはない。なお、シェルビー フォーカスSTは、2013年モデルのフォーカスSTにパッケージオプションという形で設定。価格はベース車両プラス1万4995ドル(約135万円)となり、年間500台を上限に生産される予定だ。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集