【オートモーティブワールド13】秋田県で実証試験中のEV路線バスを展示

エコカー EV

いすゞ『エルガ・ミオ』をベースとした試験車両。天井部には補機充電用の太陽電池パネルを装備。もちろん秋田県内の企業が提供。
  • いすゞ『エルガ・ミオ』をベースとした試験車両。天井部には補機充電用の太陽電池パネルを装備。もちろん秋田県内の企業が提供。
  • UQM社のモーターに、エナデルのリチウムイオンバッテリーを組み合わせている。
  • 急速充電はCHAdeMO(チャデモ)方式を採用。
  • 通常の電灯線からの充電も可能となっている。試験中、これに救われたことが何度かあったとのこと。
  • 車内には大きめの液晶パネルを使ったデジタルサイネージを設置。
  • 車内灯や案内パネルにはLED電球を積極採用。
東京アールアンドデーは、オートモーティブワールド13の会場で、同社が秋田県産業技術センターなどと共同で開発しているEVバスの展示を行った。いすゞ製の大型路線バス車両『エルガ・ミオ』をベースとしたもので、秋田県内の企業が装備品を提供している。

この車両は「あきたEVバス実証コンソーシアム」が昨夏から秋田市内でテストを開始したもの。UQM社製のモーターと、エナデル社製のリチウムイオンバッテリーを採用しており、航続距離は約36km。短い距離を走行し、高い頻度で充電を行うという運用は、他の地域でも試験が行われているEVバスと同様だ。バッテリーの長寿命化を図るには、この運用方法が適切だという。

バスには秋田県内にある企業が提供したパーツ類が数多く搭載されており、EVバス普及による産業振興も同時に狙っている。

冬の寒い時期…ということや、寒冷地である秋田県を走るということで気になってくるのは暖房装置だが、このバスには燃焼式のヒーターが搭載されており、電気を使うことはないそうだ。このヒーターはバイオ燃料で動いている。

《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集