シボレー コルベット 新型、量産第一号車は約1億円で落札

自動車 ニューモデル 新型車

新型シボレー コルベット
  • 新型シボレー コルベット
米国の自動車最大手、GMが1月14日に米国で開幕したデトロイトモーターショー13で初公開したばかりの新型『コルベット スティングレイ』(日本名:『コルベット』)。同車の量産第一号車がオークションに出品され、高値で落札された。

これは1月19日、米国アリゾナ州で開催された有名自動車オークション、「バレットジャクソン」での出来事。GMのシボレーブランドが、シャシーナンバー「0001」の新型コルベットを出品している。

新型コルベットの量産第一号車ということで、今回のオークションのハイライトとなった1台。入札価格はみるみる上昇し、最終的に110万ドル(約9900万円)という高値で落札された。

新型コルベットの米国ベース価格は、現時点では公表されていない。しかし、先代の価格から推測すると、この落札価格は、ベース価格の20倍程度と見られている。

なおオークションの収益は、米国ミシガン州デトロイトのデザイン学校に寄付。自動車デザインを学ぶ学生に役立てられる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集