2013年シーズン新型F1マシン発表スケジュール

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

メルセデスAMGの2012年型F1マシン、W03
  • メルセデスAMGの2012年型F1マシン、W03
  • ザウバーF1チームの2012年型マシン、C31
  • ロータスF1チームの2012年マシン、ロータスE20
  • フェラーリの2012年シーズンF1マシン、F2012
2月のテスト解禁に向けて、2013年シーズンを戦うニューマシンの発表スケジュールが出そろってきた。今年は撤退したHRTを除く全11チームになる予定。

先陣を切るのはマクラーレンだが、ロータスが1月下旬発表としているため、もしかすると予定が入れ替わる可能性もある。また、フェラーリは2月1日にイタリア・マラネロでニューマシンを発表するが、F2013の名前が与えられるかどうかは不明だ。

2月1日にフォースインディアはVJM06を公開するとしているが、ドライバーの発表はなされないという情報もある。チャンピオンチームのレッドブルは2月3日にRB9の発表を予定している。

いずれにしても2013年シーズンは2.4リッターV8エンジンの最終年にあたり、昨年のマシンに見られたノーズの段差はレギュレーションの改定によって今年は無くなるはずだ。

1月31日(木) マクラーレンMP4-28
1月下旬 ロータスE21
2月1日(金)フェラーリF2013
2月1日(金)フォースインディアVJM06
2月2日(土)ザウバーC32
2月3日(日)レッドブルRB9
2月4日(月)メルセデスW04
2月4日(月)トロロッソSTR8
2月19日(火)ウイリアムズFW35
未定 ケータハムCT02
未定 マルシャMR02

※一部マシン名は仮称
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集