富士重、中国スバル販売子会社を現地合弁会社化…販売体制強化

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・レガシィ(日本名:レガシィB4)の中国向け2013年モデル
  • スバル・レガシィ(日本名:レガシィB4)の中国向け2013年モデル
  • スバル・レガシィ(北京モーターショー12)
富士重工業は、中国におけるスバル車の販売会社「スバル汽車(中国)有限公司」(SOC)を、■(まだれに「龍」)大汽貿集団股份有限公司との合弁会社へ移行すると発表した。新体制により、現地販売への関与を高め、販売体制の強化を図る。

同社は2004年から中国市場に本格参入し、2006年に富士重工業の100%出資会社としてSOCを設立。中国市場におけるスバル車の販売は2011年度に約4万8000台となったが、中期経営計画の最終年度となる2015年度には、約2倍の年間10万台の販売を計画している。

今回の合弁会社への変更に合わせて、人員の増強や組織の強化を行い、中国企業のノウハウを活かすとともに、営業・サービスの質的向上、スバルブランド向上、各種販売施策の徹底、および戦略的な販売店開発により販売台数の伸長を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集