スカパーJSAT、NECなど、Xバンド衛星通信2機を打ち上げ・運営

宇宙 企業動向

スカパーJSAT、NEC、NTTコミュニケーションズの3社が出資するディー・エス・エヌは、防衛省と「Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業」契約を締結したと発表した。

契約した事業は、国の次期Xバンド衛星通信システムを整備・運営するPFI事業。ディー・エス・エヌは、契約に基づき、2機の通信衛星の製造と打ち上げ、管制設備器材などの地上施設の整備を実施し、2015年度から2030年度までの間、設備の運用・維持管理を担当する予定。

事業主体は、ディー・エス・エヌで、出資各企業などが役割分担して業務を推進する。スカパーJSATは事業衛星の調達・運用、全般管理、NECが事業衛星の製造、地上施設(局舎以外)の整備など、NTTコムが地上施設(局舎以外)の維持管理。このほか、前田建設工業が地上施設(局舎のみ)の整備と維持管理を行う。

1号機は2015年12月に打ち上げ、2016年3月から運用開始する。2号機は2017年1月に打ち上げ、2017年3月から運用開始する予定。

契約金額は約1220億7400万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集