【オートモーティブワールド13】次世代カーの先端技術展開幕、海外からも4000名が参加

自動車 ビジネス 国内マーケット

オートモーティブワールド2013 オープニングセレモニー
  • オートモーティブワールド2013 オープニングセレモニー
  • オートモーティブワールド2013 オープニングセレモニー
1月16日、東京ビッグサイトにて、自動車関連の機械・部品・素材・電装品・半導体からITソリューションまで多彩なメーカーが一堂に会するオートモーティブワールド13を中心とする自動車関連イベントが開催した。

会場は東京ビッグサイトの東ホール、期間は16日から18日までの3日間となっている。出展企業は、国内外から363社(昨年は349社)が集まり、期間中の来場者は3万人を目指しているという。また、今回は招待客も含めて海外から4000名ほどの参加もあり、国内企業にとって海外展開のPRの場ともなっている。

開会セレモニーでは、イベントを主催するリードエグジビジョンジャパン 専務取締役 浜口克彦氏が「国内最大の自動車業界イベントとして、多くの企業が商機を広げていただければと思います」とあいさつし、テープカットを行った。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集