【デトロイトモーターショー13】VWからクロスブルーSUV…北米専用のPHVクロスオーバーコンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー

VW クロスブルーSUV(デトロイトモーターショー13)
  • VW クロスブルーSUV(デトロイトモーターショー13)
  • VW クロスブルーSUV
  • VW クロスブルーSUV
  • VW クロスブルーSUV
  • VW クロスブルーSUV
  • VW クロスブルーSUV
  • VW クロスブルーSUV
  • VW クロスブルーSUV(デトロイトモーターショー13)
フォルクスワーゲンは1月14日(日本時間1月15日深夜)、米国で開幕したデトロイトモーターショー13において、コンセプトカーの『クロスブルーSUV』を初公開した。

同車は、フォルクスワーゲンが近い将来、北米で現地生産し、北米市場へ投入する新型SUVを示唆したコンセプトカー。フォルクスワーゲンのラインナップでは、『ティグアン』と『トゥアレグ』の中間に位置するミッドサイズのクロスオーバー車だ。

クロスブルーSUVのボディサイズは、全長4986×全幅2014×全高1732mm。北米ではミッドサイズとはいえ、大柄なボディの中には3列シートが配置され、最大で7名乗車を可能にする。フォルクスワーゲンによると、十分なスペースに最高レベルの快適性を実現しているという。

パワートレインは、プラグインハイブリッド。直噴ターボディーゼルの「TDI」エンジンに、2個のモーターと、デュアルクラッチの「DSG」トランスミッションを組み合わせた。

システムトータルで、最大出力305ps、最大トルク71.4kgmを獲得。0-96km/h加速は7.2秒で駆け抜ける。二次電池は、蓄電容量9.8kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大23kmをゼロエミッション走行できる。



《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集