マレーシアでハラル事情視察ツアー実施、JTBとMIDA

エマージング・マーケット 東南アジア

 JTBグループで法人向けに旅行事業などを展開するJTBコーポレートセールスは9日、マレーシア投資開発庁(MIDA)東京事務所の協力のもと、

4月2日、3日の2日間、クアラルンプール(KL)にて「マレーシア・ハラル(イスラムの戒律に則った)現地事情調査団」ツアーを実施すると発表した。

ツアーは、現地最新投資やハラル事情、進出に関する注意点等の説明をマレーシア政府機関ならびに日本の公的機関から受けるとともに、現地企業のハラル商品製造工場の視察や、マレーシア国際ハラル見本市の入場視察、すでにマレーシアに進出している日系企業との交流会等を開催する。参加費用は(宿泊代含まず)は、2日間で9万8,000円から。

世界のムスリム人口は2010年に16億人となっており、2030年には22億人と世界人口の26.4%を占めると見られている。同社では企業の課題解決や海外進出の支援を手掛けており、ムスリム市場への期待を寄せる食品加工産業や化粧品、医薬品業界等を対象に、マレーシアのハラル事情を視察するツアーを企画したという。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集