ポルシェ 911 カレラ4S 新型、3Dプロジェクションマッピングで走る[動画]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

止まっているのに走っているように見える新型ポルシェ911カレラ4S
  • 止まっているのに走っているように見える新型ポルシェ911カレラ4S
クリスマスイルミネーションなど、様々なイベントで目にする機会が増えてきた3Dプロジェクションマッピング。ポルシェがイタリアで、この3Dプロジェクションマッピングを使ったユニークな新車発表会を開催した。

これは、イタリア・パドヴァのポルシェ販売店で行われたもの。新型『911カレラ4S』の発表会において、3Dプロジェクションマッピングによるデモンストレーションが披露されている。

その手法は、白いボディカラーの911カレラ4Sをキャンバスに見立て、バラエティ豊かなアートを表現。圧巻はラストシーン。静止状態にある911カレラ4Sが、ボディカラーを変えながら、あたかも疾走しているように見えるのだ。

このイベントの様子は12月25日、ポルシェが公式サイトで公開している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集