ヒュンダイの米主力コンパクト、エラントラ…年間販売新記録が確定

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ・エラントラ
  • ヒュンダイ・エラントラ
  • ヒュンダイ・エラントラGT
  • ヒュンダイ エラントラクーペ
韓国ヒュンダイモーターの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは12月26日、2012年の『エラントラ』の米国販売台数が、過去最高を記録したと発表した。

エラントラは、ヒュンダイの主力コンパクトカー。ボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバック、2ドアクーペの3種類がある。米国では、ホンダ『シビック』、トヨタ『カローラ』などと競合する。

ヒュンダイモーターアメリカによると、エラントラの2012年の米国販売台数は、12月初旬の段階で2011年の18万6361台を突破。ヒュンダイ車としては、中型セダンの『ソナタ』に続いて、年間20万台超えが確実になったという。

米国仕様のエラントラは、ソナタとともにアラバマ工場で現地生産。エラントラは米調査会社のALG(オートモーティブ・リース・ガイド)が実施する残存価値評価において、コンパクトカー部門の3年連続1位に輝く。

ヒュンダイモーターアメリカのジョン・クラフシック社長兼CEOは、「需要増に応えて、アラバマ工場でエラントラの増産体制を敷いた。2013年はさらに多くの顧客に、エラントラを届けることができるだろう」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集