マツダ アクセラスポーツ に特別仕様…大型リアルーフスポイラーなどを装備

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV スポーツエディション
  • マツダ・アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV スポーツエディション
  • マツダ・アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV スポーツエディション
  • マツダ・アクセラスポーツ 15Sスポーツエディション
  • マツダ・アクセラスポーツ 15Sスポーツエディション
  • マツダ・アクセラスポーツ 15Sスポーツエディション
マツダは、『アクセラスポーツ』に、スポーティなエクステリアを強調した特別仕様車「スポーツエディション」を設定し、12月26日より販売を開始した。

特別仕様車は、「20S-SKYACTIV」「15S」をベースに、大型リアルーフスポイラー、シャークフィンアンテナ、ガンメタリック塗装アルミホイールなど、『マツダスピードアクセラ』や欧州仕様車『MAZDA3』に採用されているアイテムを装備。また「ジールレッドマイカ」を特別仕様車の専用色として採用した。

なお、「20S-SKYACTIV スポーツエディション」には新世代の高効率ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と高効率6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を搭載した。

価格は15Sスポーツエディションが179万円、20S-SKYACTIVスポーツエディションが220万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集