JR東日本、年末年始予約状況、新幹線は前年同期比16%増と好調

鉄道 企業動向

E5系
  • E5系
  • N700系
JR東日本は、年末年始の指定席予約状況を発表した。

12月13日時点での12月28日から2013年1月6日までの10日間、指定席予約席数は、新幹線が予約可能席数が前年同期比3%増の205万席に対して、予約席数は16%増の84万席と好調。

在来線は予約可能席数が横ばいの124万席に対して予約席数が同15%増の26万席となっている。

在来線を含めた全体の予約席数は同16%増の110万席。

下り線のピークは12月9日で約11万3000席の予約が入っている。午前に発車する「はやぶさ号」「はやて号」「こまち号」「つばさ号」「とき号」は満席が多くなっている。

上り線のピークは1月3日で約10万4000席の予約が入っている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集