エバーグリーン、暗いところでも1080P録画が可能なドライブレコーダーを販売開始

自動車 テクノロジー ITS

CMOSセンサー搭載 ドライブレコーダー
  • CMOSセンサー搭載 ドライブレコーダー
  • CMOSセンサー搭載 ドライブレコーダー
  • CMOSセンサー搭載 ドライブレコーダー
  • CMOSセンサー搭載 ドライブレコーダー
エバーグリーンは、SONY CMOSセンサーを搭載し、暗いところでも録画ができるドライブレコーダーを同社直営通販サイト「上海問屋」限定で6日より販売開始した。

同商品は、WDR機能を搭載しており、明るいところでも暗いところでも1080Pで録画できる。また、録画したデータは自宅のパソコン、または2.0インチ液晶画面でその場での再生も可能。

エンジンをかけて電源がONになれば自動的に録画がスタートする。最大解像度での記録時間は、16GBのSDカードを使用した場合、6.5時間の録画が可能。容量が最大になると、上書きで新たなデータを記録する。電源はシガーソケットから給電、また、バッテリーでの動作も可能としている。さらに、ドライブ中、デジカメとして使用することもできる。

価格は、1万9999円。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集